2010年02月25日

ニューヨーク金続落

【24日の海外市況】
米ドル・円は1ドル=90.19/20円と、前営業日比でほぼ変わらず。1月の米新築住宅販売件数が予想外に減少したことや、米連邦準備制度理事会のバーナンキ議長が超低金利政策の長期化をあらためて示したことなどから、ドル・円は序盤に89.77円まで下押されたが、その後はポジション調整絡みの動きなどに支えられ持ち直した。

24日のニューヨーク株式相場は、バーナンキ米連邦準備制度理事会(FRB)議長が低金利政策を長期維持する方針を表明したことが好感され、3日ぶりに反発して引けた。ダウ工業株30種平均は前日終値比91.75ドル高の1万0374.16ドルで終了した。

ニューヨーク金は続落。終値の前日比は、金が9.5〜6.0ドル安、中心限月の4月限は6.0ドル安、銀は3.5〜5.2セント高、中心限月の3月限は5.2セント高。金4月限は、リスク回避売りで2月12日以来の安値に沈んだあと、米住宅販売減少や低金利継続見通しによるドル安加速で切り返したが、ドル反発を受けて値を消した。

プラチナは続落。終値の前日比は、プラチナが3.0〜2.6ドル安、中心限月の4月限は3.0ドル安。プラチナ4月限は小幅続落。原油・株価の下落によるリスク回避で先週の安値を下回ったあと、低金利継続見通しによるドル安加速で切り返したが、ドル反発で安引けた。

ニューヨーク原油は期近が反発。終値の前営業日比は、期近2限月が1.12〜1.16ドル高、その他の限月は0.90〜1.06ドル高。米住宅指標の悪化や原油在庫の予想以上の増加などにもかかわらず、米連邦準備制度理事会のバーナンキ議長の議会証言後に一時的にドル安が進行したことや株高などを好感し、堅調に推移した。
   
石油製品もは期近が反発。原油同様の展開となるなか、ヒーティングオイル期近は留出油在庫が予想されたほど減少しなかったことなどに上値を押さえられたが、改質ガソリン期近は予想外の在庫減少を好感し、上げ幅を拡大した。

大豆は反発。大豆の終値の前日比は3.00〜7.75セント高、中心限月の5月限は3.50セント高。5月限は、売り過剰感で反発したあと、FRB議長の低金利継続見通しによるドル安加速、原油・株価急伸で値を飛ばした。当業者の売りや旧穀/新穀のスプレッド解消売りで前日の安値を下回ったが、強気の外部市場をはやしてプラスに切り返した。

コーンは急反発。コーンの終値の前日比は4.25〜8.00セント高、中心限月の5月限は7.50セント高。5月限は、前日の安値を試す勢いがなかったことから売り過剰感が台頭し、押し目買いが優勢になった。FRB議長の低金値継続見通しを受けてドル安が加速、原油・金の急伸で前日の高値を突破した。産地の積雪で天候プレミアムを織り込む格好。
(提供;オーバルネクスト市況より)



にほんブログ村

にほんブログ村 先物取引ブログへ商品先物でいこうbanner_22.gif


【PR】

【MFV羊プラセンタカプセル】スイスが贈る
世界水準のプラセンタサプリメント

スイスのエイジングケア細胞医療から生まれた
プラセンタサプリメント 各界のセレブリティが
愛用する世界レベルのプラセンタサプリメントです。
ダイエットクリニック
サプリメント・・・人気育毛商品
posted by NicPc8sakimono at 06:40| 東京 ☀| Comment(5) | チャート分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。