2010年02月13日

ニューヨーク金反落

【12日の海外市況】
米ドル・円は1ドル=89.99/00円と、前営業日比で反発。1月の米小売売上高が予想を上回ったことを受け、ドル・円は朝方に90.42円まで上昇したが、輸出筋やオプション絡みの売りなどに押され、序盤以降は90円を挟んで上値の重い展開となった。

12日のニューヨーク株式相場は、中国による追加金融引き締めが世界景気回復の遅れにつながるとの懸念が広がって急反落、ダウ工業株30種平均は一時1万ドルの大台を割り込んだものの、その後は引けにかけて値を戻し、同45.05ドル安の1万0099.14ドルで終わった。

ニューヨーク金反落。終値の前日比は、金が7.4〜4.7ドル安、中心限月の4月限は4.7ドル安。金4月限は、投機買いが先行したが、中国の預金準備率引き上げや、予想を下回ったユーロ圏GDPによるドル高で反落した。ただ、3連休を控えた買い戻しで回復した。

プラチナは反落。終値の前日比は、プラチナが軒並み8.2ドル安、中心限月の4月限は8.2ドル安。プラチナ4月限は反落。前日の高値を突破したが、ドル高・株安や中国の預金準備率引き上げで前日の安値を割った。ただ、3連休を引けた買い戻しで地合いを回復した。

ニューヨーク原油は期近が反落。終値の前営業日比は、期近2限月が1.25〜1.19ドル安、その他の限月は1.25〜1.15ドル安。中国の預金準備率引き上げを受けたドル高進行や先行きの需要懸念の広がり、原油・ガソリン在庫の予想以上の増加などが嫌気された。
       
石油製品は、ヒーティングオイル期近が急反落、改質ガソリン期近は反落。原油同様の展開となるなか、ヒーティングオイルは予想ほど在庫が減少しなかったことや、改質ガソリンは予想以上に在庫が増加したことなどに圧迫された。改質ガソリン期近は一時、8日以来の水準へと下落した。

大豆は期近が続伸。大豆の終値の前日比は0.50セント安〜2.00セント高、中心限月の3月限は2.00セント高。3月限は、ドル高・株安・原油安や中国の預金準備率引き上げ、予想を下回る週間輸出成約高を嫌気して値を消したが、ドル反落や株価・原油の戻りを受けて3連休を控えた買い戻しが入り、時間外取引の高値を上回って高引けた。

コーンは反落。コーンの終値の前日比は3.00〜1.25セント安、中心限月の3月限は1.75セント安。3月限は、中国の預金準備率引き上げやドル高・株安・原油安、大豆・小麦の下落を嫌気し、投機売りで前日の安値を下回った。大豆の急反発やドル反落、原油・株価の戻りで3連休を控えた買い戻しが入ったが、プラスに浮上する勢いはなかった。
(提供;オーバルネクスト市況より)



にほんブログ村

にほんブログ村 先物取引ブログへ商品先物でいこうbanner_22.gif


【PR】

【MFV羊プラセンタカプセル】スイスが贈る
世界水準のプラセンタサプリメント

スイスのエイジングケア細胞医療から生まれた
プラセンタサプリメント 各界のセレブリティが
愛用する世界レベルのプラセンタサプリメントです。
ダイエットクリニック
サプリメント・・・人気育毛商品
posted by NicPc8sakimono at 07:26| 東京 ☁| Comment(0) | チャート分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。