2009年01月31日

安全への逃避買いが続く

【30日の海外市況】
米ドル/円はほぼ変わらず。米リセッション(景気後退)入り確認や1月のシカゴ地区購買部協会景気指数が予想を下回ったことなどが圧迫したが、週末と月末が重なったことによるポジション調整絡みの動きが中心で、ドルは1ドル=89円台半ば〜90円台前半のレンジ内でのもみ合いとなった。
ダウ工業株30種平均の終値は、前営業日比148.07ドル安の8000.94ドルと続落。

NY金大幅続伸。金4月限は、株安・ドル高でマイナスに転落したが、米国のマイナス成長にもかかわらず、金融不安や株・通貨への懸念で安全への逃避買いが続き、今週の高値を抜いた。
 
プラチナは軒並み急伸。4月限は大幅続伸。株安やドル高が圧迫したものの、安全への逃避買いが続いて金が上値を切り上げる展開となったため、週末を控えた買い戻しで上昇した。
 
NY原油は米リセッション入りの確認で需要減少懸念が強まったことや、対ユーロでのドル上昇などが嫌気されるなか、期近3月限は朝高後は週末・月末を迎えたポジション調整絡みの動きなどに押された。

石油製品は、軒並み上昇。納会を迎えた期近2月限絡みの動きなどから、大きく上昇して始まったものの、朝高後は利食い売りなどから上げ幅を削った。

大豆は急反発。3月限は急反発。時間外取引で上昇したあと、ドル高や需要低迷、米GDPのマイナス成長が圧迫して前日の安値を割ったが、アルゼンチンの雨は織り込み済み、週末・月末を控えた買い戻しで前日の高値を抜いた。
 
コーンは続落。3月限は続落。需要の低迷やドル高、小麦安で前日の安値を下回ったあと、大豆の急反発で逆に前日の高値を突破したが、大豆が高値から押されたことからマイナスに転落した。
(提供;オーバルネクスト市況より)


海外市況はエネルギーと貴金属は堅調な動き、シカゴ大豆は3日連続で26日移動平均線を意識した展開。

チャート(銘柄をクリックください)

NYドル円0130.pdf

NY原油0130.pdf

NY改質ガソリン0130.pdf

NY金0130.pdf

NY白金0130.pdf

シカゴ大豆0130.pdf

シカゴコーン0130.pdf

NicPcによる売買シミュレーションへ


にほんブログ村

にほんブログ村 先物取引ブログへ商品先物でいこうbanner_snowman_1.gif
posted by NicPc8sakimono at 08:42| 東京 ☔| Comment(0) | チャート分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月30日

金が順調

【30日の国内市況】
NicPcによる売買シミュレーションへ

本日もザラバ銘柄は為替で乱高下しました。株価も8000円割れで円高圧力も残りますが、企業の決算状況はある程度織り込んでいるのでは。

チャート(銘柄をクリックください)
売買シミュレーションで指定限月が先限以外のチャートは、つなぎ足+指定限月です。

米ドル円0130.pdf

ガソリン0130.pdf

灯油0130.pdf

原油01130.pdf

中部ガソリン0130.pdf

中部灯油0130.pdf

金0130.pdf

白金0130.pdf

ゴム0130.pdf

東京一般大豆0130.pdf

コーン0130.pdf


にほんブログ村

にほんブログ村 先物取引ブログへ商品先物でいこうbanner_snowman_1.gif



【PR】
ツールのご紹介です。
ロボフォーム
パスワードもユーザーIDも、もう覚える必要はありません...
posted by NicPc8sakimono at 20:15| 東京 ☔| Comment(0) | チャート分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NY改質ガソリンが面白い

【29日の海外市況】
米ドル/円は反落。週間新規失業保険申請件数は58万8000件と事前予想(58万件)を上回り、昨年12月の米耐久財受注は前月比2.6%減少と事前予想(2.0%減)を下回り、昨年12月の米新築住宅販売件数は33万1000件と事前予想(40万件)を大幅に下回ったことが嫌気された。また欧米株安などが嫌気され、ドルは1ドル=89円台半ば〜後半のレンジ内で上値重く推移した。

ダウ工業株30種平均の終値は、前営業日比226.44ドル安の8149.01ドルと急反落。

NY金急反発。金4月限は、FOMC後のドル高や株価指数先物安で前日の安値を下回ったが、ドル高にもかかわらず、株価の急落で安全への逃避買いが復活し、前日の高値を突破した。石油輸出国機構(OPEC)の追加減産検討の報で原油相場が反発したことも支援材料となった。

プラチナは総じて上昇。4月限は大幅続伸。FOMC後のドル高や株価・金の下落が圧迫したが、株価急落による安全への逃避買いで金が上値追いとなったため、前日の高値を上回った。
 
NY原油は、期近のみ反落。需要減少懸念や米経済指標の悪化などを背景に、期近は朝方に20日以来の水準へと下落したが、その後は売られすぎ感や改質ガソリン高などから下げ止まった。

石油製品は、ヒーティングオイル期近が続伸、改質ガソリン期近は大幅続伸。ヒーティングオイルと改質ガソリンの期近2月限は30日に納会を控えたポジション調整絡みの動きなどに支えられ、特に改質ガソリン期近は昨年11月17日以来の高値圏へと急伸した。
  
大豆は期近が急反落。3月限はプラスに浮上する場面もみられたが、前日のFOMC後の株価急落やドル高で商品全般に下落したことや、アルゼンチンの降雨予報、圧砕高・輸出成約高が冴えなかったことから、前日の安値を下回った。

コーンは総じて反落。3月限は反落。新規の支援材料難や株安・ドル高による商品安、アルゼンチンの雨が圧迫し、じり安となった。ただ、輸出が2週連続で100万トンを超え、安全への逃避買いで金が急伸したため、下げ幅を縮小した。
(提供;オーバルネクスト市況より)


NY改質ガソリンが持ち合い圏を上抜け上昇局面へ。穀物は弱含みでアルゼンチンの天候で乱高下気味。

チャート(銘柄をクリックください)

NYドル円0129.pdf

NY原油0129.pdf

NY改質ガソリン0129.pdf

NY金0129.pdf

NY白金0129.pdf

シカゴ大豆0129.pdf

シカゴコーン0129.pdf

NicPcによる売買シミュレーションへ


にほんブログ村

にほんブログ村 先物取引ブログへ商品先物でいこうbanner_snowman_1.gif



【PR】
ツールのご紹介です。
ロボフォーム
パスワードもユーザーIDも、もう覚える必要はありません...
posted by NicPc8sakimono at 08:26| 東京 ☁| Comment(0) | チャート分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月29日

為替動向に翻弄される

【29日の国内市況】
NicPcによる売買シミュレーションへ

本日は為替動向に翻弄されて終了。オバマ効果は何処まで行くか。

チャート(銘柄をクリックください)
売買シミュレーションで指定限月が先限以外のチャートは、つなぎ足+指定限月です。

米ドル円0129.pdf

ガソリン0129.pdf

灯油0129.pdf

原油01129.pdf

中部ガソリン0129.pdf

中部灯油0129.pdf

金0129.pdf

白金0129.pdf

ゴム0129.pdf

東京一般大豆0129.pdf

コーン0129.pdf


にほんブログ村

にほんブログ村 先物取引ブログへ商品先物でいこうbanner_snowman_1.gif



【PR】
ツールのご紹介です。
ロボフォーム
パスワードもユーザーIDも、もう覚える必要はありません...
posted by NicPc8sakimono at 19:48| 東京 ☁| Comment(0) | チャート分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

米国の大型景気刺激策への期待感で上昇

【28日の海外市況】
米ドル/円は急反発。欧米株高を好感するなか、米連邦公開市場委員会(FOMC)が長期債購入の検討を表明したことから、終盤に主要通貨でドルが大きく上昇すると、対円でも一時、20日以来となる90.75円まで切り上がった。
ダウ工業株30種平均の終値は、前営業日比200.72ドル高の8375.45ドルと大幅続伸。

NY金は大幅続落。金2月限は、対ユーロのドル安で900ドルを上回ったが、景気刺激策への期待や不良資産の買い取り構想で株価が急伸したため、安全資産の手じまい売りで下落した。

プラチナは総じて反発。4月限は反発。金の下落で下落したが、米国の大型景気刺激策への期待感
や不良債権を買い取る「バッド・バンク」構想で株価が急伸し、前日の高値を抜いた。

NY原油は、軒並み上昇。需要減少懸念や原油在庫の予想以上の急増などが上値を圧迫したが、石油製品高や株高などが下値を支えると、終盤はこの日の高値圏へと切り上がった。

石油製品は急反発。ヒーティングオイル、改質ガソリンともに在庫統計発表後はほぼ一本調子で上値を伸ばした。
EIA発表の1月23日までの週間在庫統計は以下の通り。市場の事前予想は、原油在庫が前週比290万バレルの増加⇒620万バレル増加、留出油が70万バレルの減少⇒100万バレル減少、ガソリンが160万バレルの増加⇒10万バレル減少だった。

大豆は期近が反発。3月限は反発。アルゼンチンの降雨予報を嫌気して前日の安値を下回ったが、アルゼンチンの雨量低下予報や株価急伸で時間外取引の高値を突破した。ただ、10ドルを試す勢いはなく、米連邦公開市場委員会(FOMC)を控えた手じまい売りで上げ幅を削った。

コーンは急反発。ドル安や原油・大豆の上昇でプラスに浮上したあと、需要の低迷を嫌気した売りで下落したが、アルゼンチンの雨量引き下げ予報や大豆・小麦の上昇、株価・原油の急伸を好感し、時間外取引の高値を抜いて上昇した。
(提供;オーバルネクスト市況より)


NY改質ガソリンは持ち合い圏を上抜けるか、NY原油・シカゴ大豆は26日移動平均線が支持になり切り返す展開に。米ドル円は90.42円を上抜けると91.70円、93.00円前後が抵抗に。

チャート(銘柄をクリックください)

NYドル円0128.pdf

NY原油0128.pdf

NY改質ガソリン0128.pdf

NY金0128.pdf

NY白金0128.pdf

シカゴ大豆0128.pdf

シカゴコーン0128.pdf

NicPcによる売買シミュレーションへ


にほんブログ村

にほんブログ村 先物取引ブログへ商品先物でいこうbanner_snowman_1.gif



【PR】
ツールのご紹介です。
ロボフォーム
パスワードもユーザーIDも、もう覚える必要はありません...
posted by NicPc8sakimono at 08:19| 東京 ☁| Comment(0) | チャート分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月28日

逆襲はいつ?

【27日の国内市況】
NicPcによる売買シミュレーションへ

全面安になりやや調整気味ですが、大局は上昇トレンドに向けての押し目と見ます。


チャート(銘柄をクリックください)
売買シミュレーションで指定限月が先限以外のチャートは、つなぎ足+指定限月です。

米ドル円0128.pdf

ガソリン0128.pdf

灯油0128.pdf

原油01128.pdf

中部ガソリン0128.pdf

中部灯油0128.pdf

金0128.pdf

白金0128.pdf

ゴム0128.pdf

東京一般大豆0128.pdf

コーン0128.pdf


にほんブログ村

にほんブログ村 先物取引ブログへ商品先物でいこうbanner_snowman_1.gif



【PR】
ツールのご紹介です。
ロボフォーム
パスワードもユーザーIDも、もう覚える必要はありません...
posted by NicPc8sakimono at 20:12| 東京 ☀| Comment(0) | チャート分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1月の米消費者信頼感指数が過去最低を記録

【27日の海外市況】
米ドル/円は小反落。1月の米消費者信頼感指数が37.7と市場予想(39.0)を下回り、過去最低を記録したことなどから消費低迷が予想以上に長引くとの見方が広がったことや、チャート上では89円を割り込んだことによるテクニカル主導の動きなどが強まった。ドルは一時、1ドル=88.41円まで下落したが、中盤以降はレンジ内で方向感なく推移した。
ダウ工業株30種平均の終値は、前営業日比58.70ドル高の8174.73ドルと続伸。

NY金は急反落、金2月限は、対ユーロのドル安で回復する場面もあったが、ドルの反発や原油急落を嫌気した利食い売りが優勢になり、900ドルを割り込んだ。

プラチナは下落。4月限は急反落。プラスに浮上したが、ドル高や原油・金の急落が圧迫し、前日の安値を割り込んで下落した。ただ、銀のプラス浮上や金の戻りで持ち直した。

NY原油は、期近が大幅続落。夜間取引終盤以降、ドル上昇や需要減少懸念、在庫増加見通しなどを背景に、ほぼ一本調子で下値を切り下げた。

石油製品は、ヒーティングオイルが続落、改質ガソリンは軒並み下落。需要減少懸念などから、夜間取引終盤以降は戻り売りへと転じ、立会い開始後は一段と下げ幅を拡大した。
米エネルギー情報局(EIA)があす28日に発表する1月23日までの週間在庫統に対する事前予想は、原油在庫が前週比290万バレルの増加、留出油が70万バレルの減少、ガソリンが160万バレルの増加となっている。

大豆は急反落。3月限は急反落。ドル安や原油高をはやしてプラスに切り返したが、アルゼンチンの熱波が和らいだことやドル反発、原油・金の下落、10ドル割れや10日移動平均割れによるテクニカル売りが圧迫し、7営業日ぶりの安値に沈んだ。

コーンは急反落。3月限は急反落。ドル安や原油高をはやしてプラスに浮上したが、原油の反落や需要低迷、アルゼンチン産地の降雨、大豆急落が投機売りを誘い、10日・50日移動平均を割って逆指し売りを誘い込み、下げが加速した。
(提供;オーバルネクスト市況より)


1月の米消費者信頼感指数が過去最低を記録しサイド景気後退懸念が再燃し下落。26日移動平均線が支持に。


チャート(銘柄をクリックください)

NYドル円0127.pdf

NY原油0127.pdf

NY改質ガソリン0127.pdf

NY金0127.pdf

NY白金0127.pdf

シカゴ大豆0127.pdf

シカゴコーン0127.pdf

NicPcによる売買シミュレーションへ


にほんブログ村

にほんブログ村 先物取引ブログへ商品先物でいこうbanner_snowman_1.gif



【PR】
ツールのご紹介です。
ロボフォーム
パスワードもユーザーIDも、もう覚える必要はありません...
posted by NicPc8sakimono at 08:25| 東京 ☀| Comment(0) | チャート分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月27日

上昇トレンドに移行中

【27日の国内市況】
NicPcによる売買シミュレーションへ

再度上昇トレンドにチャレンジ。

チャート(銘柄をクリックください)
売買シミュレーションで指定限月が先限以外のチャートは、つなぎ足+指定限月です。

米ドル円0127.pdf

ガソリン0127.pdf

灯油0127.pdf

原油01127.pdf

中部ガソリン0127.pdf

中部灯油0127.pdf

金0127.pdf

白金0127.pdf

ゴム0127.pdf

東京一般大豆0127.pdf

コーン0127.pdf


にほんブログ村

にほんブログ村 先物取引ブログへ商品先物でいこうbanner_snowman_1.gif



【PR】
ツールのご紹介です。
ロボフォーム
パスワードもユーザーIDも、もう覚える必要はありません...
posted by NicPc8sakimono at 21:19| 東京 ☀| Comment(0) | チャート分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NY金はバンド拡大でさらに上昇期待

【26日の海外市況】
米ドル/円は続伸。欧州株高や英銀バークレイズの市場予想を上回る利益見通しなどから、主要通貨でドルと円が売り込まれるなか、ドル・円は昨年12月の米中古住宅販売件数が前月比6.5%増加の474万件と事前予想(440万件)を上回り、昨年12月の米景気先行指数が前月比0.3%上昇と事前予想(同0.3%低下)を上回ったことが好感された。予想外の改善を好感し、1ドル=89.69円まで上昇したが、序盤以降は米株式相場が上げ幅を削ったことなどから、下値を切り下げた。
ダウ工業株30種平均の終値は、前営業日比38.47ドル高の8116.03ドルと反発。

NY金大幅続伸。金2月限は、金曜の急騰に対する利食い売りで押されたが、米株価指数先物の反発やドル安・原油高をはやして切り返し、テクニカル買いを誘って金曜の高値を突破した。
 
プラチナはまちまち。4月限は大幅続伸。テクニカル買いで金曜の高値を抜いたあと、連日の急伸を受けた利食い売りでマイナスに転落したが、ドル反落や原油・金の上昇で反発した。オバマ大統領が排ガス規制強化など環境政策を転換したことも支援材料。

NY原油は反落。欧米株高やドル急落、米経済指標が予想外に改善したことなどを好感し、期近は7日以来の高値圏へと大きく上昇したものの、中盤以降は株式相場が下落に転じたことなどから、早めの利益確定を進める動きなどに押された。

石油製品は、ヒーティングオイルが反落、改質ガソリンは総じて反落。中盤にヒーティングオイル期近は20日以来、改質ガソリン期近が6日以来の水準へと大幅に上昇したが、その後は利食い売りなどへと転じた。

大豆は総じて小反発。3月限は変わらず。金曜の安値を下回ったあと、先週末のアルゼンチン産地の雨量が少なかったことや強気の外部市場で金曜の高値を抜いたが、アルゼンチンの雨量が引き上げられたことから「往って来い」となった。

コーンは総じて続伸。3月限はマイナスに転落したあと、ドル安や原油高、大豆の急反発をはやして金曜の高値を突破したが、アルゼンチンの雨量引き上げによる大豆の急反落で上げ幅を削った。ただ、大豆とのスプレッド解消買いが下支えた。
(提供;オーバルネクスト市況より)


NY原油は上値追いに、NY改質は持ち合い圏を抜けきれず。NY金は
ボリンジャーバンドのバンドも拡大で更なる上昇期待。シカゴ大豆はいまだ1月12日の陰線のレンジ内の動きながら、フラッグ形成で上下抜けた方へ。シカゴコーンは26日移動平均線上、バンドも拡大傾向で大きく動く前触れの兆候。

チャート(銘柄をクリックください)

NYドル円0126.pdf

NY原油0126.pdf

NY改質ガソリン0126.pdf

NY金0126.pdf

NY白金0126.pdf

シカゴ大豆0126.pdf

シカゴコーン0126.pdf

NicPcによる売買シミュレーションへ


にほんブログ村

にほんブログ村 先物取引ブログへ商品先物でいこうbanner_snowman_1.gif



【PR】
ツールのご紹介です。
ロボフォーム
パスワードもユーザーIDも、もう覚える必要はありません...
posted by NicPc8sakimono at 08:15| 東京 ☀| Comment(0) | チャート分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月26日

全面高

【26日の国内市況】
NicPcによる売買シミュレーションへ

金は前回高値2599円を上抜けると2680円前後が抵抗に。穀物は微妙な値位置にあり明日次第。エネルギーも明日プラス再度なら、前回高値前後が目標に。

チャート(銘柄をクリックください)
売買シミュレーションで指定限月が先限以外のチャートは、つなぎ足+指定限月です。
米ドル円0126.pdf

ガソリン0126.pdf

灯油0126.pdf

原油01126.pdf

中部ガソリン0126.pdf

中部灯油0126.pdf

金0126.pdf

白金0126.pdf

ゴム0126.pdf

東京一般大豆0126.pdf

コーン0126.pdf


にほんブログ村

にほんブログ村 先物取引ブログへ商品先物でいこうbanner_snowman_1.gif



【PR】
ツールのご紹介です。
ロボフォーム
パスワードもユーザーIDも、もう覚える必要はありません...
posted by NicPc8sakimono at 22:16| 東京 ☀| Comment(0) | チャート分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月24日

NY金が前回高値を上抜け

【22日の海外市況】
米ドル/円は小反発。手掛かり材料を欠くなか、週末前のポジション調整絡みの動きなどに支えられたものの、ドルは1ドル=89.63円までの戻りが精一杯で、中盤以降は再び軟調に推移した。
ダウ工業株30種平均の終値は、前営業日比45.24ドル安の8077.56ドルと続落。

NY金大幅続伸。金2月限は、ドル高や原油・株価安で売りが先行したが、欧州株価や米株価指数先物の下げが加速したことから安全への逃避買いを誘って切り返したあと、テクニカル買いが続いて一時900ドルを突破した。

プラチナは大幅続伸。4月限は、ドル高や株価指数・原油の下落を嫌気して前日の安値を下回ったが、金の急騰に追随して切り返したあと、テクニカル買いを誘って上値を切り上げた。

NY原油は、期近が大幅続伸。ICEブレント原油は期近2限月が2.91〜2.98ドル高、その他の限月は1.79〜2.79ドル高。チャート面の上値の重さや米株安などを背景に下落して始まったものの、序盤以降はドル急落、米株式相場の下げ幅縮小などを好感し、週末前のポジション調整絡みの動きなどから急上昇へと転じた。

石油製品も期近が急反発。立会い開始後は需要減少懸念などが圧迫したものの、その後は安値修正へと転じた。ヒーティングオイルは、週末から米北東部地域が再び寒波に見舞われる見通しなども材料視されたようだ。

大豆は続落。ドル高や原油・株価安で下落したあと、10ドルを維持したことや高水準の輸出統計、中国の大口成約、アルゼンチンの減産見通しで前日の高値に接近したが、アルゼンチンの降雨予報でマイナスに転落した。

コーンは反発。3月限は反発。弱気の外部市場を嫌気して下落したが、週間輸出成約高が予想を大きく上回ったことや大豆の急反発、原油・株価の反発をはやして一時節目の4ドルを突破した。ただ、大豆の急反落が整理売りを誘い、上げ幅を縮小した。
(提供;オーバルネクスト市況より)


NY金が前回高値を上抜け、ボリンジャーバンドも拡大前兆。NY原油は前回高値48.58ドルが目標に、上抜けたら上昇トレンドへ。NY白金もNY金に追随し上昇か。

チャート(銘柄をクリックください)

NYドル円0123.pdf

NY原油0123.pdf

NY改質ガソリン0123.pdf

NY金0123.pdf

NY白金0123.pdf

シカゴ大豆0123.pdf

シカゴコーン0123.pdf

NicPcによる売買シミュレーションへ


にほんブログ村

にほんブログ村 先物取引ブログへ商品先物でいこうbanner_snowman_1.gif



【PR】
ツールのご紹介です。
ロボフォーム
パスワードもユーザーIDも、もう覚える必要はありません...
posted by NicPc8sakimono at 08:22| 東京 ☁| Comment(0) | チャート分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月23日

為替動向に注視

【23日の国内市況】
NicPcによる売買シミュレーションへ

全体的に調整局面。引き続き為替動向をにらんだ動きに。

チャート(銘柄をクリックください)
売買シミュレーションで指定限月が先限以外のチャートは、つなぎ足+指定限月です。

米ドル円0123.pdf

ガソリン0123.pdf

灯油0123.pdf

原油01123.pdf

中部ガソリン0123.pdf

中部灯油0123.pdf

金0123.pdf

白金0123.pdf

ゴム0123.pdf

東京一般大豆0123.pdf

コーン0123.pdf




にほんブログ村

にほんブログ村 先物取引ブログへ商品先物でいこうbanner_snowman_1.gif



【PR】
ツールのご紹介です。
ロボフォーム
パスワードもユーザーIDも、もう覚える必要はありません...
posted by NicPc8sakimono at 22:05| 東京 ☀| Comment(0) | チャート分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

欧米の金融不安再燃や米経済指標の悪化

【22日の海外市況】
米ドル/円は続落。欧米の金融不安再燃や米経済指標(米週間新規失業保険申請件数は58万9000件と市場予想(54万件)を上回り、26年ぶりの高水準となったことや、昨年12月の米住宅着工件数が前月比16%減の55万件と市場予想(61万件)を下回り、1959年の統計開始以来の最低を更新)の悪化などを背景に、ドルは朝方に1ドル=88.04円まで下落したが、その後は介入警戒感などから下げ止まった。
ダウ工業株30種平均の終値は、前営業日比105.30ドル安の8122.80ドルと反落。

NY金は急反発、金2月限は、ドル安・原油高で上昇したあと、ドル反発や原油・株価指数先物の下落で下降したが、株価の下値追いで安全への逃避買いが復活し、急速に切り返した。

プラチナは反発。4月限は急反発。前日の急落を受け、ドル安や原油高をはやした押し目買いが先行した。ドル反発や原油反落で下押されたが、金の急反発で強地合いを維持した。

NY原油は、期近が続伸。サウジアラビアの石油輸出国機構(OPEC)総会前の減産実施(サウジアラビアが3月15日のOPEC総会前までに日量約30万バレルの減産を実施する)との見通しも、ドル相場の上昇や米株安、原油・ガソリン在庫の急増などから、急落に転じた。ただし、中盤以降はショートカバーなどに支えられ、急回復した。

石油製品は期近が急反落。ヒーティングオイルを含む留出油在庫は予想外に増加し、ガソリン在庫が予想以上に急増したことを嫌気し、一時、ヒーティングオイル期近は昨年12月31日以来、改質ガソリン期近は今月13日以来の安値圏へと下落。
EIA発表の1月16日までの週間在庫統計は以下の通り。市場の事前予想は、原油在庫が前週比140万バレルの増加⇒610万バレル増加、留出油が50万バレルの減少⇒80万バレル増加、ガソリンが190万バレルの増加⇒650万バレル増加だった。

大豆は急反落。3月限は急反落。米国の株価急伸やドル 安、アルゼンチンの減産観測をはやして前日の高値を抜いたが、ドル高や原油・株価の反落を嫌気して10ドルを割り込んだ。景気への不透明感やアルゼンチンの降雨予報も圧迫要因。

コーンは反落。前日のダウ平均の急伸やドル 安、大豆高をはやして前日の高値を突破したが、原油・株価・大豆の急反落を嫌気して下落した。原油や株価が切り返したため安値から急回復したが、プラスに浮上できなかった。

(提供;オーバルネクスト市況より)


シカゴ大豆は持ち合い圏、シカゴコーンは393.5セントを上抜けると再度上昇へ。NY白金916ドルが支持、下に抜けると870ドル前後までの調整有り。

チャート(銘柄をクリックください)

NYドル円0122.pdf

NY原油0122.pdf

NY改質ガソリン0122.pdf

NY金0122.pdf

NY白金0122.pdf

シカゴ大豆0122.pdf

シカゴコーン0122.pdf

NicPcによる売買シミュレーションへ


にほんブログ村

にほんブログ村 先物取引ブログへ商品先物でいこうbanner_snowman_1.gif



【PR】
ツールのご紹介です。
ロボフォーム
パスワードもユーザーIDも、もう覚える必要はありません...
posted by NicPc8sakimono at 08:24| 東京 ☁| Comment(0) | チャート分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月22日

為替動向に注視

【22日の国内市況】
NicPcによる売買シミュレーションへ

為替の動きがかなり乱高下しており、商品相場も為替の動きに翻弄されております。商品の相場動向より為替の動向に注視して商いを!!


チャート(銘柄をクリックください)
売買シミュレーションで指定限月が先限以外のチャートは、つなぎ足+指定限月です。

米ドル円0122.pdf

ガソリン0122.pdf

灯油0122.pdf

原油01122.pdf

中部ガソリン0122.pdf

中部灯油0122.pdf

金0122.pdf

白金0122.pdf

ゴム0122.pdf

東京一般大豆0122.pdf

コーン0122.pdf


にほんブログ村

にほんブログ村 先物取引ブログへ商品先物でいこうbanner_snowman_1.gif



【PR】
ツールのご紹介です。
ロボフォーム
パスワードもユーザーIDも、もう覚える必要はありません...
posted by NicPc8sakimono at 22:11| 東京 🌁| Comment(0) | チャート分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドル/円は続落一時1995年7月以来の安値も

【21日の海外市況】
米ドル/円は続落。この日に期日を迎えたオプション絡みの動きなどから、ポンド・円の下げをきっかけに円全面高となり、ドルは中盤に1995年7月以来となる1ドル=87.10円まで急落した。円は対ポンドで最安値を更新、対スイスフランで昨年12月12日以来、対豪ドルで昨年11月21日以来、対NZドルで2000年12月以来の水準へ上昇した。その後は介入警戒感や米株式相場の上昇に伴うクロス・円の持ち直しなどから、終盤には89円台半ばまで急回復した。
ダウ工業株30種平均の終値は、前営業日比279.01ドル高の8228.10ドルと急反発。

NY金は反落、金2月限は、欧州の金融不安で切り返したが、米国の株価反発による安全への逃避買い一服やドル高で下落。ただ、原油反発が買い戻しを誘い、下げ幅を縮小した。

プラチナ4月限は大幅続落。押し目買いが先行したが、テクニカル売りで前日の安値を下回って下落した。原油が上昇したが、ドル高やテクニカルな弱気感が圧迫した。

NY原油は、期近が反発。需要減懸念など市場センチメントの悪さに変わりはなく、支援材料なども見当たらなかったが、立会い開始後は売られすぎ感などを背景に、ショートカバー(買い戻し)などに支えられる動きとなった。

大豆は急反発。3月限は急反発。時間外取引で上昇したあと、10ドルが抵抗となってマイナスに転落したが、アルゼンチンの干ばつ懸念や週間輸出検証高が予想を上回ったこと、原油の急伸がテクニカル買いを誘って上昇が加速した。

コーンは急反発。3月限は急反発。時間外取引で上昇したあと、新規の支援材料難や需要の低迷から反落に転じたが、大豆・小麦の急伸や原油の上値追いをはやし、テクニカル買いを誘って切り返した。アルゼンチンの作付引き下げも支援材料。
(提供;オーバルネクスト市況より)


NY原油のチャートはW底確定なら今後上昇期待。NY金・穀物は堅調
NY白金はかろうじて26日移動平均線(913ドル)をキープ。

チャート(銘柄をクリックください)

NYドル円0121.pdf

NY原油0121.pdf

NY改質ガソリン0121.pdf

NY金0121.pdf

NY白金0121.pdf

シカゴ大豆0121.pdf

シカゴコーン0121.pdf

NicPcによる売買シミュレーションへ


にほんブログ村

にほんブログ村 先物取引ブログへ商品先物でいこうbanner_snowman_1.gif
posted by NicPc8sakimono at 08:02| 東京 ☔| Comment(0) | チャート分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月21日

調整局面

【21日の国内市況】
NicPcによる売買シミュレーションへ



チャート(銘柄をクリックください)
売買シミュレーションで指定限月が先限以外のチャートは、つなぎ足+指定限月です。

米ドル円0121.pdf

ガソリン0121.pdf灯油

原油01121.pdf

中部ガソリン0121.pdf

中部灯油0121.pdf

金0121.pdf

白金白金0121.pdf

ゴム0121.pdf

東京一般大豆0121.pdf

コーン0121.pdf


にほんブログ村

にほんブログ村 先物取引ブログへ商品先物でいこうbanner_snowman_1.gif
posted by NicPc8sakimono at 22:38| 東京 🌁| Comment(0) | チャート分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

金融不安再燃や株安などで調整

【20日の海外市況】
米ドル/円は反落。欧州の金融不安の再燃やユーロ圏のリセッション(景気後退)の深刻化懸念、米株式相場の大幅安などを嫌気したリスク回避の動きが中心となるなか、ドルは1ドル=89.65円まで下落した。
ダウ工業株30種平均の終値は、前営業日比332.13ドル安の7949.09ドルと急反落。

NY金は大幅続伸。金2月限は、対ユーロのドル高や原油安で地合いを弱めたが、銀行の株価急落による金融不安に対する安全への逃避買いが続き、上値追いとなった。原油の急反発も支援材料。

プラチナは続落。4月限は、ドル高・原油安で金曜の安値を下回ったあと、金の急伸をはやしてプラスに切り返したが、景気後退による自動車販売への懸念でマイナスに転落した。

NY原油は、期近除き続落。期近は1カ月ぶりの安値を付けた後、納会を迎えたポジション絡みの動きから急上昇に転じたものの、その他の限月は世界的なリセッション(景気後退)の深刻化懸念やドル高、ロシアとウクライナのガス供給問題決着などを背景に、序盤以降は戻り売りに押された。

石油製品は大幅続落。夜間取引でヒーティングオイル期近は2日以来、改質ガソリン期近が1週間ぶりの水準へと下落。立会い開始後は安値修正が進んだものの、中盤以降は再び売り押された。
     
大豆は急反落。3月限は急反落。コーンの急伸に追随して金曜の高値を抜いたが、ドル高や原油安で下落した。10ドル維持で回復したが、ドル高継続や株価急落、コーンとのスプレッド解消の売りで10ドルを下回り、下げが加速した。

コーンは急反落。3月限は急反落。金曜の強基調を引き継いで節目の4ドルを突破したが、ドル高や原油安を嫌気して反落に転じた。原油の反発で切り返したが、ドル高や株価下落によるリスク回避がテクニカル売りを誘い、下げが加速した。
(提供;オーバルネクスト市況より)


NY金が再度26日移動平均線を上回り上昇期待、NY原油も40.80ドルを上抜けると上昇へ。

チャート(銘柄をクリックください)

NYドル円0120.pdf

NY原油0120.pdf

NY改質ガソリン0120.pdf

NY金0120.pdf

NY白金0120.pdf

シカゴ大豆0120.pdf

シカゴコーン0120.pdf

NicPcによる売買シミュレーションへ
posted by NicPc8sakimono at 08:08| 東京 ☁| Comment(0) | チャート分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月20日

押し目買い方針

【20日の国内市況】
NicPcによる売買シミュレーションへ

為替動向に左右される展開。

チャート(銘柄をクリックください)
売買シミュレーションで指定限月が先限以外のチャートは、つなぎ足+指定限月です。

米ドル円0120.pdf

ガソリン0120.pdf

原油01120.pdf

中部ガソリン0120.pdf

中部灯油0120.pdf

金0120.pdf

白金0120.pdf

ゴム0120.pdf

東京一般大豆0120.pdf

コーン0120.pdf



にほんブログ村

にほんブログ村 先物取引ブログへ商品先物でいこうbanner_snowman_1.gif



【PR】
ツールのご紹介です。
ロボフォーム
パスワードもユーザーIDも、もう覚える必要はありません...
posted by NicPc8sakimono at 21:46| 東京 ☀| Comment(0) | チャート分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月19日

チャートは上昇局面へ

【19日の国内市況】
NicPcによる売買シミュレーションへ

全体的に上昇局面。


チャート(銘柄をクリックください)
売買シミュレーションで指定限月が先限以外のチャートは、つなぎ足+指定限月です。

米ドル円0119.pdf

ガソリン0119.pdf

灯油0119.pdf

原油0119.pdf

中部ガソリン0119.pdf

中部灯油0119.pdf

金0119.pdf

白金0119.pdf

ゴム0119.pdf

東京一般大豆0119.pdf

コーン0119.pdf



にほんブログ村

にほんブログ村 先物取引ブログへ商品先物でいこうbanner_snowman_1.gif



【PR】
ツールのご紹介です。
ロボフォーム
パスワードもユーザーIDも、もう覚える必要はありません...
posted by NicPc8sakimono at 22:03| 東京 ☀| Comment(0) | チャート分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月17日

再度上昇局面へ

【16日の海外市況】
米ドル/円は続伸。株式相場の反発や米政府による金融システム安定化の動きなどが好感されるなか、ドルは序盤に1週間ぶりとなる1ドル=90.92円まで上昇。その後は、株式相場の動向に振られる展開となるなか、調整場面へと転じた。
ダウ工業株30種平均の終値は、前営業日比68.73ドル高の8281.22ドルと続伸。

NY金急反発。金2月限は、ユーロに対するドルの反落や欧州株・米株価指数先物の上昇を好感し、前日の高値(822.1ドル)を突破して上値を切り上げた。きのうの相場で800ドルで下げ止まったことも支援材料。 原油・株価はマイナスに転じたが、キング牧師誕生日による3連休を控えた買い戻しが続いて終日、上値を切り上げた。

プラチナは急反発。プラチナ4月限は、対ユーロのドル安や株価指数先物高をはやして投機買いが先行し、前日の高値(944.9ドル)を上回った。ただ、立会時間は、ドル反発や原油・株価の反落から頭の重い値動きとなった。

NY原油は、期近除き続落。国際エネルギー機関(IEA)によるIEAによる2年連続の需要減少見通しや序盤にドル相場が急速に持ち直したことなどが嫌気され、期近2月限を除き軟調な展開となった。

大豆は大幅続伸。3月限は大幅続伸。ドル安やアルゼンチンの高温乾燥予報をはやして上昇したあと、前日の高値を試す勢いがなかったことや原油・株価の下落で地合いを後退したが、コーン急伸や作付見通しの引き下げで上値を伸ばした。

コーンは急反発。3月限は急反発。ドル安や大豆の上昇をはやして前日の高値を突破したあと、原油・株価の反落、作付面積見通しの上方修正などの圧迫要因がみられたが、テクニカル買いが3連休を控えた買い戻しを誘って急伸した。
(提供;オーバルネクスト市況より)


為替の動きに翻弄された一週間でしたが、為替(米ドル円)のチャートも買い転換、商品も再度上昇局面へ。


チャート(銘柄をクリックください)

NYドル円0116.pdf

NY原油0116.pdf

NY改質ガソリン0116.pdf

NY金0116.pdf

NY白金0116.pdf

シカゴ大豆0116.pdf

シカゴコーン0116.pdf

NicPcによる売買シミュレーションへ


にほんブログ村

にほんブログ村 先物取引ブログへ商品先物でいこうbanner_snowman_1.gif
posted by NicPc8sakimono at 08:28| 東京 ☀| Comment(0) | チャート分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。